2010年11月08日

Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能 その3


Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能をご紹介しています。

次は「あんパンコース」と「あんコース」です。

Sd-bms102のあんパンコースは、ハーフ食パンコースと同様に、1次発酵と2次発酵を別のケースで行います。
アンパンコ−スは、1次発酵と2次発酵から焼成の間、パン生地の成型をするときにあんを生地の中に入れるんですが、あんばかりではなく、クリームなどの柔らかい具を入れることもできるんです。
アレンジメニューがが広がるコースでもあります。

また、粒あんを作ることができる「あんコース」は、事前に茹でておいた小豆とお砂糖を約60分間も煮詰めながら自動でねりあげます。

この、60分の長時間しっかりと練り上げてくれるので、美味しいあん作りのコツである混ぜ続けると言う手間が省けて、しかも手軽に自家製のあんができるんです。


SD-BMS102ホームベーカリーの詳細はこちら⇒⇒


posted by SD-BMS102 ホームベーカリー at 11:00| SD-BMS102ホームベーカリーの新機能

2010年11月06日

Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能 その2


Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能をご紹介しています。

次は「ハーフ食パンコース」です。

ホームベーカリーが馴染むにつれて、
焼いたパンはそのときに全部食べきりたい・・・
夫婦二人なので、1斤では多すぎる・・・
と、言った声が上がりました。

その声に応えたのが「ハーフ食パンコース」ですね。名前の通り、従来の食パンの半分の大きさの食パンが焼けます。
(ミニチュアみたいなかわいいパンができます。)

このコースは、1次発酵と2次発酵〜焼成とを違うケースで行います。
特に、2次発酵から焼成までスチームケースを使って行われるため、3種類の皮の食感・焼き色に仕上げることができるので、オリジナルレシピによって、さらにメニューバリエーションを広げられます。


SD-BMS102ホームベーカリーの詳細はこちら⇒⇒


posted by SD-BMS102 ホームベーカリー at 12:00| SD-BMS102ホームベーカリーの新機能

2010年11月04日

Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能 その1


Sd-bms102 ホームベーカリーの新機能をご紹介していきます。

最初は、本格的な「ハード系パン」が焼ける、新「フランスパン コース」と「ライ麦パン コース」です。

ホームベーカリーのメニューの中でも、食事向きのハード系パンメニューの人気が広がっています。

それに応えたのが・・新機能の新「フランスパンコース」と「ライ麦パンコース」です。

新「フランスパンコース」は、今まで必要だった油脂(バター)と2回の練りと言う工程が必要でした。
Sd-bms102では、生地をねかせて粉と水を馴染ませると言う工程を追加して全工程を最適化することで、粉・塩・水・イーストのみという本来のフランスパンの配合のみで本格的なフランスパンを実現させました。
さらに、焼成温度の高温化により、クラスト(皮)は香ばしく、パリッと焼き上げます。

「ライ麦パンコース」は、フランスパンコースと同様、粉と水を馴染ませる工程の追加と、膨らみにくいライ麦パンの特性を考慮して、食パンよりも低温で長時間発酵させることで、ライ麦を50%まで配合させることが出来るようになりました。
家庭でも、風味豊かなライ麦パンが焼けるようになったんです。


SD-BMS102ホームベーカリーへはこちらから⇒⇒⇒


posted by SD-BMS102 ホームベーカリー at 13:00| SD-BMS102ホームベーカリーの新機能